PRODUCT製品紹介:Fusion 360

Fusion360の図面機能の特徴と注意点 2D図面を作るには?

2020年06月11日(木) 更新

図面は、ものづくりの現場になくてはならないものです。現代では、3次元CADの普及に伴い、2次元の図面が無くても3次元で作成した3Dモデルデータから直接、製品製造が可能ですが、品質の良い製品を製造するためには、図面が持つ、交差等の情報が必要不可欠です。図面は設計者の意図を製造に関わる人達に正確に伝達する為に必要なものです。上記の事から、3次元CADが普及している状況においても2D図面が果たす役割は変わらず多いものとなっています。

000345-image001.png

Fusion360は3次元CADの機能を有するソフトウェアです。3Dモデリング機能はもちろん、簡単に製図が可能です。他のソフトウェアでは、「作図」は可能でも「製図」が出来ないソフトウェアもあります。こちらのコラムではFusion360における2D図面機能の特徴、図面の作成方法などをご紹介します。

Fusion360の図面機能の特徴と注意点

特徴

Fusion360はAutoCADを初めとするAutodesk社が開発している、クラウド型の3次元CAD/CAM/CAEシステムです。

Fusion360では、モデリング機能を使って作成した、3Dモデルを基に図面の作成が可能です。

投影図や断面図(折れ線断面図を含む)、詳細図も作成可能です。その他に製図に必要な円の中心マーク、中心線、また、バルーンや、部品表、お客様好みの図枠のカスタマイズも可能です。 作成した、部品表はCSV形式にて出力可能です。また、作成した図面は、DXF、DWG、PDF形式にて出力可能ですので、他のCADソフトへの展開も可能になっています。

000345-image002.png

注意点

Fusion360はCADソフト初心者の方でも、簡単に図面が作成出来るように作られているソフトウェアです。複雑になりがちな、図面化の操作を簡素化し、簡単に製図が可能なソフトウェアになっております。その為、コマンドを駆使してマクロを実行するというような、カスタマイズ機能は備えておりません。

Fusion360の図面機能の使い方

実際に、Fusion360での図面機能の基本的な使い方をご紹介いたします。

2D図面の作成方法

1.3Dモデルを作成後、メニューから「デザイン」→「図面」→「デザインから」をクリックします。

000345-image003.png

2.図面の規格、単位等を設定します。

000345-image004.png

3.基本となる描画方向、尺度等を設定し、任意の位置を設定します。

000345-image005.png

4.「投影ビュー」を選択し、側面図、正面図等の投影図を配置します。

000345-image006.png

表示スタイルも複数から選択可能です。

000345-image007.png

000345-image008.png

000345-image009.png

000345-image010.png

000345-image011.png

000345-image012.png

断面図、詳細図も同様に作成します。

000345-image013.png

000345-image014.png

000345-image015.png

000345-image016.png

5、必要な寸法、幾何公差記号、中心線などを作成します。

000345-image017.png

000345-image018.png

000345-image019.png

6.出力形式を選択して、保存します。

PDF、DWG、DXFの出力に対応しています。

000345-image020.png

フアクトならFusion360の不明点も徹底サポート

フアクトケアサービスの内容

どのようなソフトウェアも使いこなせなければ意味がありません。使いこなす近道は、サポートサービスにあります。

フアクトでは、CAD/CAMのサポートを約30年に渡り行っており、Fusio360を十分に活用頂けるように独自のサポートサービス「フアクトケアサービス」を提供しております。
Fusio360の使用方法、疑問点を電話、メール、FAX、リモートによるサポートを行っております。お急ぎのお客様は電話にて、お急ぎでない場合はメールで、説明しにくいご質問はリモートサポートで、お客様にニーズにあったサポートを行っており、お客様からご評価頂いております。

特にリモートサポートは、同じ画面をお客様と、弊社技術員にて共有しますので、解決までの時間短縮に繋がります。ソフトウェア導入と併せて、ソフトウェアを最大限に使いこなすためのフアクトケアサービスのご加入をお勧めします。

フアクトのFusion360販売価格

Fusion360は2つの構成からお選びいただけます。

Fusion360

CAD/CAM/CAE対応の標準構成です。サブスクリプション(年間ライセンス)販売となり、1年間¥56,000(税別)となります。3次元CAD、3次元CAM、シミュレーション、レンダリングの機能を有しています。CAMは多軸加工、レーザーにも対応しております。

Fusion360 Manufacturing Extension

Fusion360の機能をよりパワーアップした構成です。サブスクリプション(年間ライセンス)販売となり、1年間¥229,000(税別)となります。穴認識機能や急傾斜と緩傾斜簿加工方法などが使用可能になります。

Fusion360がなぜお勧めなのか?

図面の必要性、図面の作成方法をご紹介させて頂きました。最初に記載した通り、図面が果たす役割は多くあります。
モノづくりには図面が必要不可です。そんな図面を少ない操作で、簡単に作成できるのがFusion360です。

Fusion360は、サブスクリプション(年間ライセンス)での販売となります。年間契約ですので、初期導入費用がおさえられ、低リスクで導入が可能です。
増設の際も低コストでの増設が可能です。ご紹介した、2D図面機能はもちろん、3DCAD、アセンブリ、レンダリング、CAM、シミュレーションなど、ものづくりに必要な機能が、常に最新の状態で使用可能です。
多数のCADデータとの互換性が高いため変換ソフトとしても運用可能です。これだけの機能を、いままでにない低価格で提供可能なソフトウェアはFusion360以外にありません。

製品に関するご相談・お見積もりは
お気軽にお問い合せください

  • 045-316-4331