PRODUCT製品紹介:Fusion 360 コラム記事

Fusion360が起動しないときの原因と対処法 どうすれば解消できる?

2020年08月05日(水) 更新

Fusion360が起動しない場合は、まず原因を明確にすることが大切です。その後、適切な対処を行いましょう。以下で、Fusion360の起動不要とその解消法について解説します。

20200619-02-eye.png

Fusion360が起動しない主な原因

Fusion360の起動不良の原因は大きくふたつに分けられます。ひとつはユーザーのパソコンに関わるもの。もうひとつは、Fusion360のクラウドサーバーによるものです。

パソコンやインターネットに問題がある場合

ネットワーク接続エラー

Fusion360は、Autodeskのクラウドサーバに常時接続されることを前提に設計されています。そのため、パソコンがインターネットに接続されていない場合、使用できません。この場合、オフラインモードでの作業が必要になります。

インターネットには問題なく接続できているのにエラーが起こる場合は、システムのファイアウォールやウィルス対策ソフト(とくにトレンドマイクロ株式会社製品で多いと言われています)、プロキシ設定などに原因がある可能性があります。

パソコンスペックの問題

Fusion360が安定動作するには、一定以上のスペックがパソコンに求められます。以下は主な動作環境です。

OS ・macOS High Sierra v10.13以上
・Windows8.1(64bit)以上
CPU ・64bitプロセッサ
・4 コア
・1.7 GHz
(Intel Core i3、AMD Ryzen 3 以上)
メモリ 4 GB の RAM
※内蔵グラフィックス 6 GB 以上推奨
グラフィックス カード ・DirectX 11 以上をサポート
・VRAM 1 GB 以上の専用 GPU
・RAM 6 GB 以上の内蔵グラフィックス

とくにCPUへのスペック要求は比較的高めと言えますが、5年程度前のパソコンであればとくに問題はないでしょう。一方、もともとWindows7がインストールされていたパソコンをWindows8.1にアップデートして使っているというような場合は、スムーズな動作は望めない可能性があります。

また、スペックは満たしているにもかかわらず起動しない、動作が安定しないという場合は、グラフィックス・ドライバに問題がある可能性も疑われます。

Fusion360に問題がある場合

Autodeskのクラウドサーバーにメンテナンスが入っていたり、障害が発生していたりする場合は、Fusion360が起動しません。状況を確認するためには、Autodeskの「Health Dashboard」でクラウドのステータスを確認しましょう。

ステータスが緑色の「✓」マークであれば、サーバーに問題はありません。一方、赤色の「×」マークの場合は、Note欄に詳しい状況が記載されますので確認しましょう。

Fusion360が起動しないときの対処法

パソコン側に問題があってFusion360が起動しない場合は、以下の対処法を試してください。

ネットワーク接続の問題を解消する

まずはネットワーク接続に関する問題から確認していきます。はじめに、正確な日時がパソコンに設定されているかを確認しましょう。これは、サーバーとコンピュータの時計の日時が合致しないときに発生するエラーを回避するためです。

次にバックグラウンドで実行しているプロセスや別のアプリケーションが、fusion360の起動を妨げていないかをチェックします。たとえば、「fusion360.exe」および「fusionlauncher.exe」のプロセスが重複しているような場合です。

最後にプロキシ設定も確認します。プロキシサーバによる認証が必要であり、かつ認証方式が「ネゴシエート」「NTLM」「Kerberos」の場合、Fusion360に機能制限がかかります。これを解説するためには、以下のホストリストをプロキシサーバの例外リストに追記する必要があります。

*.autodesk.com; *.autodesk360.com; *.google-analytics.com; *.akamaiedge.net; *.amazonaws.com; uploads.protolabs.com; www.mcmaster.com; *.akamaitechnologies.com; *.tracepartsonline.net; *.launchdarkly.com;

ウイルス対策ソフト・ファイアウォールの設定を変更する

次にウイルス対策ソフトに問題がないかを切り分けます。まずはこれらのセキュリティを一時的に無効にしましょう。その直後に、Fusion360を起動させます。ここで問題が発生しなければ、原因がセキュリティ部分にあることが判明します。

しかし、セキュリティをオフのままの運用は現実的ではありません。そこでウイルス対策ソフト・ファイアウォールの設定変更で解決を目指しましょう。具体的には、たとえばWindowsファイアウォールの場合、Fusion360.exe および AdCefWebBrowser.exeの通信を許可するように設定します。ウイルス対策ソフトについては、それぞれのメーカーのサポートページを確認しましょう。

グラフィックス・ドライバを更新する

グラフィックスカードに問題が発生している場合は、ドライバの更新で解決を目指します。カードの製造元(AMD、Nvidia、Intel など)からドライバをダウンロードしてパソコンへインストールしてください。

Fusion360を再インストールする

上記の解決策を試しても改善が見られない場合は、Fusion360のクリーンインストールを試しましょう。手動で行う場合、Fusion360に関連するフォルダやファイルの削除が必要であり、技術的ハードルが高くなります。そのため、基本的には「Fusion 360 Cleaner ツール」を使ってアンインストールを行い、その後再インストールを試しましょう。

ファクトのサポートでトラブルに対応

Fusion360が起動しない場合は、はじめにその原因について調査し、それぞれに合わせた対処法を実行しましょう。しかし、原因が分からず、解決法を試してもやはり起動しない場合は、サポートが必要です。

当社では、ご契約いただいたお客様にFusion360を快適にお使いいただくため、リモートでのサポートサービスをご提供しております。万が一Fusion360起動がしないという場合は、電話やメール、FAXなどでお問い合わせください。それぞれの状況に合わせ、適切なアドバイスを差し上げます。

なお、当社のサポートではNCでデータの編集・設定に関わるアドバイスや、10%割引がお得なモデリングサービスなどもご用意しております。ぜひご検討ください。

製品に関するご相談・お見積もりは
お気軽にお問い合せください

  • 045-316-4331