DOCUMENT資料

スキャンした図面をCADデータに変換する方法と注意点は?

2019年07月30日(火) 更新

CADの利便性はわかるけれど、導入した後に、これまでの紙ベースの図面をどのように扱おうか......そうお悩みの方が多いのではないでしょうか。実は、購入したCAD上にこれまでの図面を取り込み、紙ベースの情報をデータ化して活用することが可能です。

ここでは、紙図面から取り込んだスキャンデータをCADの画像データに変換する方法や、その際の注意点を詳しく解説しています。これまでの図面を活用しつつ、より簡単かつ効率的にデータ変換する方法をお伝えしますので、ぜひご活用ください。

image001.jpg

「紙図面をCADデータに変換する方法」

まず建築図面や電気図面、地図、機械設計図面、等高線図などの紙画面をCADデータに変換するための一般的な方法を、手順を追って説明していきましょう。紙画面からCADデータに変換することで、紙画面の縮尺をそのまま利用できるようになり、面積や寸法を測りたい場合にとても便利です。

スキャンしたデータをCAD上に取り込む

まずは、取り込むべき図面をスキャナで読み取り、モノクロ2値のラスター(TIFF、JPEGなどの画像データ)として取り込みます。これは、ベクトルデータとは異なり点と線の集合体に過ぎません。細切れの線データのため、CAD上では編集できないのです。

そうした画像データに加筆修正する作業が必要な場合は、CAD画面上の下敷きとしてDWF、DGN、PDFなどのファイルを配置することになります。これをアンダーレイといいます。さらに、場合によってはスキャンしたデータをCAD上でトレースする必要が生じるかもしれません。この場合は、別のレイヤで清書するかたちになり、かなり時間がかかることも予想されます。

CADデータに変換できる専用システムを使う

スキャンした画像データをCADデータに変換する機能を持つ、専用のシステム・ソフトを使用する方法もあります。これは、スキャナや複合機などを用いて紙画面をスキャンしたのち、専用の変換システムを利用して、読み取ったデータ(ラスター)をベクターに変換するというもの。ベクター変換された画像は、文字や線として認識できるので、CADデータとして活用可能です。

この際、DXFやDWGなどのファイル形式を選択しなければなりませんが、中には、PDFデータをCADデータに変換できるシステムもあり、多様なニーズに対応可能な環境が整いつつあります。こうした専用のシステム・ソフトを用いてCADデータとして変換すれば、多種のジオメトリオブジェクトを作成できるだけでなく、元画面の誤差の修正や、傾き・角度の補正、不要な箇所の削除などが可能になります。

さらに、いくつもの画層を組み合わせることができる、データとして再利用できるというのも大きなメリットです。

「スキャンした図面をCADデータへ変換するときの注意点」

しかし、紙画面をスキャンし、CADデータへと変換するうえでは、いくつかの注意点があります。より高精度なデータとして保存するためにも、以下の2点に十分ご注意ください。

取り込んだデータに不備がある場合は補正を行う

紙データをスキャナで取り込む際には、たとえわずかなものだとしても、そこにゆがみや傾きなどが生じる場合があります。また、元の画面にあった折り目や破れた箇所などがデータに反映されてしまい、イメージデータを表示する際に見づらくなってしまうケースも否定できません。

画面の線や文字が読み取りづらい場合は、必要に応じてデータの加工・修正を行わなければなりませんが、そういった取り込みの不備を自動で補正してくれるシステムも存在します。「データの加工・修正などを行う時間がない」「できるだけ効率的に補正したい」という場合は、こういったシステムの利用をおすすめします。

変換システムを使う場合はファイル形式に注意する

CADデータとして変換するシステムを用いる場合は、そのシステムが指定するファイル形式にご注意ください。システムによって、IGES、STEP、PARASOLID、SAT、JTなど、変換できるファイル形式が異なる場合があります。

そのため、そのシステムのファイル形式が、自社もしくは関係先のCADが指定するファイル形式に対応していないということがあり得るのです。自社や関係先が導入するCADに対応可能なファイル形式を確認したうえで、各種システムを比較検討し、よりよいものをご選択ください。

「スキャンしたデータを利用できるおすすめのCADシステム」

従来の紙画面をより高精度なCADデータとして保存・活用したいとお考えの方のために、おすすめのCADシステムを紹介しましょう。

製品名 SOLIDWORKS
主な特徴
ライセンスの累計販売数が200万本以上と、ミッドレンジ3DCADとしてはトップシェアを誇るSOLIDWORKSは、その使いやすさ、手ごろな価格設定もあり、幅広い分野で導入が進められてきたCADシステムです。

デザイナーなどが起こしたスケッチ図をスキャナで読み込み、画像として取り込めるだけでなく、そこから出力したデータを元に輪郭線を作成し、3Dモデルを作成できるのも、SOLIDWORKSのメリットです。クリックだけで各種コマンドを実行できるのに加えて、幅広い分野の図面に効率よく変換するための各種設定値も用意されており、変換精度の向上にむけた設定値変更なども可能です。

SOLIDWORKSを使って画像を取り込む方法は、次のような手順です。

  • 1.SOLIDWORKSを起動し、新規ファイルを作成
  • 2.スケッチを開始し、スキャン画像を取り込む
  • 3.作図機能を用いて、輪郭線を作成
  • 4.スケッチを終了すれば、スキャン画像からの作業が可能

以上のように、スキャンした画像データをCADデータに変換する手順は非常に簡単です。仮に不明な点があれば、専門的な技術情報を提供するテクニカルサポート、ユーザーサポートを受けることができます。また、CADモデルを検索したりダウンロードしたりすることが可能なのも、SOLIDWORKSならではのメリットでしょう。

「従来の紙図面を活用するために」

従来の紙図面のかたちで設計図が残されている建物を改修する際、この図面をスキャンして取り込み、CADデータに変換するメリットは大きなものです。もともとの画面上の誤差を自動的に修正したり、傾きや角度を補正したりといった作業においても利便性があり、改修のための図面を引く作業も簡便になります。

ただし、スキャンしたデータを取り込む際には、いくつかの注意点があります。多種多様なCADシステムを比較検討する中で、御社にとってより使い勝手がよく操作性が高いものをお選びください。

ソフト体験版ダウンロード

download
ご希望のソフト必須(複数可)

メールアドレス必須
会社名必須
郵便番号必須

製品に関するご相談・お見積もりは
お気軽にお問い合せください

  • 045-316-4331