DOCUMENT資料

CAD / CAM GLOSSARY

CAD/CAM用語集

CADとは

コンピュータを使用して設計や製図を行なうシステムです。製図作業や図面作成が正確に処理できること、編集が容易であること、データ化されているので、いつでも呼び出すことが容易になりました。CADには大きく分けて汎用型と専用型があり、汎用型は幅広い分野で使用する事が出来ます。専用型はある特定の分野における省力化・迅速化を目的としています。CADを用いる事で、以下のような効率が期待出来ます。

1.繰り返し図形をコピーで作れるので効率的に作図可能。また、類似図面の作成が容易
2.コンピュータが持つデータから寸法を記入するため、単純な寸法ミスを無くせる
3.設計途中での寸法や面積の測定により、手計算の手間を省ける
4.設計したデータはプロッターに出力するので、細部まで正確な描画が可能

また、CADには各分野用に特化型CADがあります。
機械用CAD
建築用CAD
土木用CAD
電気用CAD など
半導体、服飾デザイン、配管、橋梁などの分野にも専用CADがあります。

近年では、3DCADが普及しています。
3DCADでは、大きく分けると3つのタイプに分けられます。
・ハイエンドCAD
・ミッドレンジCAD
・ローエンドCAD

これらの違いは、「機能」と「解析」、「サードパーティ」の差が大きいと思われます。
なお、モデル作成機能に限定した場合、ローエンドCADでも高機能を搭載しているCADがあります。
【弊社取扱い商品】
・ハイエンドCAD →「NX(FF/eye)
・ミッドレンジCAD →「SOLIDWORKS
・ローエンドCAD →「ZW3D

  • CAD/CAM各種カタログ 無料ダウンロード
  • FeaturecamCAM特設サイト featurecam.net

製品に関するご相談・お見積もりはお気軽にお問い合せください

  • 045-316-4331