DOCUMENT資料

機械CADオペレーターの仕事内容|求められるスキルと知識とは?

2019年08月23日(金) 更新

設計士の指示に基づき、CADのソフトウェアを用いてコンピュータで製図を行うCADオペレーターは、建築やインテリアなどさまざまな業界で活躍しています。その中でも、機械製図をメインに行う機械CADオペレーターに注目が集まっています。この記事では、機械CADオペレーターの仕事内容や求められるスキルについて詳しくご紹介します。

機械CADオペレーターの仕事内容

機械CADオペレーターとは

機械用の図面設計において、CADソフトを用いる人を機械(メカニカル)CADオペレーターと呼びます。設計士の指示通りに、自動車や家電、工作機械、携帯電話、精密機械などの製図をすることが仕事です。また、設計補助としてサポートすることもあります。

そもそもCADオペレーターとは

一方で、CADオペレーターとは設計士やデザイナーの指示に基づき、CADソフトやシステムを用いた作図やモデリングを行う人を呼びます。一見、機械CADオペレーターと同じように思えますが、機械図面の製図に対し、CADオペレーターは建築やアパレル、インテリアといった幅広いジャンルの製図を行うのです。それぞれのソフトは「機械CAD」「建築CAD」と分類されるケースもあります。

また、機械CADオペレーターでは、3D空間上に仮想モデルを作成できる3次元CAD(3DCAD)を使用することが多いです。そのため、仕事を進める中で、他分野と異なる点も存在します。

機械CADオペレーターの仕事の流れ

はじめに、設計士の指示に基づき、部品となるパーツの仮想モデルを3D上に作成します。そして、必要な部品データがそろうと、アセンブリを作成します。この際、部品同士にぶつかりがないかといった干渉のチェックが必要です。そこで問題がなければ、3Dデータをもとに2Dの設計図を作成します。現在3Dデータが主流になりつつありますが、過去の名残で2D図面を使っている企業も多いため、両タイプの図面を用意する必要があるのです。

機械CADオペレーターに必要な知識

機械CADオペレーターに必要なスキル

機械CADオペレーターとして働くために欠かせない資格はありません。しかし、採用される場合は即戦力として活躍できるスキルが求められます。そのため、CADソフトを操作できるようになっておくことが必要です。機械CADオペレーターへの転職を考えている場合は、それまでに2DCADや3DCACを使った実務経験があると、採用を有利に運べるでしょう。

機械CADオペレーターに必要な知識

機械CADオペレーターという職種で働くためには、基礎的な設計や製図に関する知識が必要です。例えば、機械系の設計に用いられる投影法は基本事項ですので理解しておきましょう。また、機械設計においての投影は第三角法が用いられます。この方法では、対象を手前に少し傾けて配置し、正面、平面、側面の三図面で立体を表現します。CADオペレーターには専門性が求められますが、基礎が固まっていることが前提です。

また、共通事項として機械製品の規格JIS B 0001や製図総則であるJIS Z 8310についても理解しておきましょう。

機械CADオペレーターを育成する方法

専門スクールの受講

CADの操作は専門性が高いため、個人でスキルを習得することは難しいです。独学でも不可能ではありませんが、効率が悪く時間がかかります。そこで、CADスキルを学習できる専門スクールの講座を活用しましょう。そうすれば、豊富な知識を持つ講師から、基礎から応用まで幅広い指導を受けられるので、独学だとつまずいてしまうポイントもスムーズに学習できます。また、機械CADオペレーターでは3次元CADを用いるケースが多く、実務で使用する場合には高機能なソフトが必要です。

このソフトは機能が多い分、価格も高くなっているため、個人で利用するにはハードルが高いでしょう。こうした理由からも、機械CADオペレーターの知識を独学で学ぶことはおすすめできません。専門スクールではCADの操作方法などはだけでなく、製図や設計に関しての基礎知識など、さまざまな内容が開講されています。そのため、実務経験がある人も未経験であっても学習者の現在のスキルに合わせて受講できます。

CADに関連する資格の取得

CADオペレーターとして働くためには資格は不要です。ただ、資格を取得することは、CADに関する知識を身につけることになるため、学習の一環として資格を取ることはおすすめです。次の3つの資格は、3次元CADや機械CADに関する知識や技術が求められるため、機械CADオペレーターとして働くつもりなら一度検討してみましょう。

・CAD利用技術者試験

CADに関する知識や理解度、トレース技術について出題される民間資格です。2Dと3Dに分類され、難易度も級数が分かれているため、初心者でも経験者でも自分の腕試しに有効です。

・機械・設備・電気CADインストラクター資格

日本インストラクター協会が開催するこちらの試験は、実務レベルでのCAD操作や機械、設備、電気CADにおけるプラントや空調といった設計に関する知識が問われます。

・CAD実務キャリア認定精度

3次元CADトレーサーや3次元 CADアドミニストレーターに関しての実技試験で、在宅での受験が可能です。CADの初心者だけでなく実務経験者でも受験できる民間資格です。

機械CADオペレーターの仕事内容を把握してスキルを身につけよう

機械CADオペレーターの仕事では、部品図の設計やそれらの干渉を仮想空間上で検証する必要があり、3次元CADが用いられるケースが多いです。そのため、オペレーターとして働くためには、3次元CADや2次元CADの実務経験が求められます。実務経験が不足している際は、第三角法やJIS規格など基本的な知識について把握しておくようにしましょう。

また、機械CADオペレーターを効率良く育成するためには、専門スクールの利用することもおすすめです。プロの指導を受けながら学習できるため、実践レベルまでスムーズに対応できます。また、学習のきっかけとして、資格の取得を目標にすることもおすすめです。

ソフト体験版ダウンロード

download
ご希望のソフト必須(複数可)

メールアドレス必須
会社名必須
郵便番号必須

製品に関するご相談・お見積もりは
お気軽にお問い合せください

  • 045-316-4331