PRODUCT製品紹介

FeatureCAM カスタムマクロ

CAM自動化ソフトで作業の80%を効率化

CAD・CAMソフトの利用でよくある悩み

  • 類似品が多いのに、1つ1つプログラムを組んでいるのは時間がかかる。
  • プログラムに時間をかけるのはコストに見合わない。
  • 人の手をあまり掛けずにプログラムを出したい。

CAD/CAMを導入しても「使う人がいない」、「習得する時間がない」など、様々な悩みがあります。 更に、思っていた成果が得られず「手打ちでやった方が早い」という事で使わなくなってしまったという場合もあります。これらを解消するには、極端に言えばボタン一つでプログラムを作成出来るCAMが必要になります。

CAMの自動化機能

自動化を行うことにより、決められたパターンを基に、 データの読み込みから加工工程の定義、NCデータ作成までの流れを自動で行うことで 人の手で行っていた作業時間を大幅に短縮することができます。

更に、元のデータに情報を付加することで、様々な組み合わせを実現できます。 例えば、この色の円にはタップ穴、この色の円にはリーマを行う、このレイヤーにはこの加工条件を用いるなど、幅が広がります。

作業別でCAM自動化機能の効果を比較

【部品加工の場合】

80%の作業、効率化に成功!!

CAMは、基本的に人の手で直接操作することを想定しています。ソフトウェアによっては、どの場所を加工するか、どの工具を使うか、どの様な条件で加工するかなど、全て手作業で行います。

  • 加工定義

    従来
    どこを加工すればよいか、図面を見て加工を作成します。
    自動化
    決められたパターンに沿って自動的に加工定義します。
  • 工具選定

    従来
    どの工具を使用するか、工具一覧から選びます。
    自動化
    定められた工具を自動で呼び出します。
  • 加工条件

    従来
    送り回転数、Zステップやステップオーバーなど、加工毎に都度設定します。加工が多いほど時間かかる作業です。
    自動化
    工具や材質によって条件を設定できます。

【こんな作業も自動化で効率化できる】

  • 類似形状のDXF図面データが何百点、何千点もある
  • 類似形状の3Dデータが多数ある
  • 穴やポケットが多いベース加工

CAM自動化の仕組み・フロー 一例

  • ①加工の仕分け作業

    フォルダ毎に加工条件などをあらかじめ設定しておき、加工方法に応じて各フォルダにファイルを入れます。
  • ②データの読み込み

    2次元データまたは3次元データを特定の場所から読み込みます。
  • ③自動化マクロ実行

    フォルダ毎に加工条件などをあらかじめ設定しておき、加工方法に応じて各フォルダにファイルを入れます。
  • ④NCデータ保存

    NCデータを指定場所に保存します。

※この流れは一例です。お客様の仕様により変わります。

料金プラン

作業内容や作成期間などにより変動します。担当営業にご相談下さい。

セミナー・研修の開催

自動化セミナーは、現時点ではありません。

製品に関するご相談・お見積もりは
お気軽にお問い合せください

  • 045-316-4331

ソフト体験版ダウンロード

ご希望のソフト必須
(複数可)



メールアドレス必須
お名前必須
会社名必須
郵便番号必須
電話番号必須