NEWS最新情報

FeatureCAM2019 新機能

製品情報

2019.07.18


ユーザーインターフェース

セットアッププロパティの改善

fcam2019-001.png

セットアッププロパティをタブで切り替えるように改善しました。
他のプロパティと同じダイアログ画面に置き換えられています。


スナップグリッドを一新

fcam2019-003.png

2018までは"点"で表示されていたスナップグリッドですが、
2019では"線"で表示されるようになりました。
「編集→表示→スナップグリッド」で変更が出来ます。


アイコンを一新

fcam2019-004.png

選択アイコンが一新しました。簡単に区別および識別できるようになりました。



サーフェスを用いてフィーチャーを作成アイコンの追加

fcam2019-005.png

「フィーチャーと加工」タブ内に「サーフェスを用いてフィーチャーを作成」アイコンが追加されました。
3D形状からフィーチャー認識を用いて加工定義する際に便利です。


保存されたユーザービューの改善

fcam2019-006.png

保存されたユーザービューが「パーツビュー」上で確認できるようになりました。
作成できる数に制限は無く、パーツビューから名称変更、削除が出来るようになりました。


インポート

CADモデルのインポート

NX、Pro/EやCATIAのCADモデルを標準機能としてインポート出来るようになりました。


CATIAデータPMIのサポート

CATIAファイルのPMI情報を取り込む事が出来ます。



フライス加工

センタードリルに中心角の設定項目が追加

センタードリルに"中心角"の項目が追加されました。
これにより、センタードリルの切削部分の角度を変更できるようになりました。

fcam2019-007.png


孔あけ/切削オプションでヘリカル側面仕上げが追加

fcam2019-008.png

孔フィーチャーに"孔あけ/切削オプション"にで「ヘリカル側面仕上げ」が選択できるようになりました。


オプション設定で制御可能なフィーチャー認識

fcam2019-008.png

フィーチャー自動認識に"手順にしたがいフィーチャー自動認識"が追加されました。
自動認識するフィーチャーを設定することができます。


旋削加工

バック切削機能を追加

旋削機能で、バック切削が追加されました。
ツールパスでスピンドルからパーツのフェースまで動作するパスが作成できます。

fcam2019-009.png

円形パターンの改善

C軸を90度ずつ旋回位置決めさせつつXYによる加工プログラムを作成する場合、
2018では90度ずつそれぞれのフィーチャーを作成する必要がありましたが、2019から円形パターンで1つのパターンフィーチャーで作成することができるようになりました。

fcam2019-010.png

その他

32bitファイル読込み機能の終了

2019より、32bitOSで作成されたファイルの読込みができなくなりました。
32bitOSファイルを読み込む場合は、2018で読込み、64bitOSに変更してから2019で読込みます。



製品に関するご相談・お見積もりはお気軽にお問い合せください

  • 045-316-4331