CASE STUDY導入事例

株式会社アウラテクノロジー様

機械稼働率が簡単に把握できる様になりました。

導入の狙い
・機械の稼働率アップ
導入システム
・稼働率モニタリングシステム
効果
・機械1台1台の週ごとや1日ごとの稼働率が簡単に把握できるようになった

株式会社アウラテクノロジー様(以下、アウラテクノロジー)は、山梨県都留市に工場を構え、主に金属加工を行っている。以前にもFeatureCAMを導入した経緯を紹介させていただいたが、今回は弊社の稼働率モニタリングシステムを導入した経緯について伺った。

部品製造をするにあたり、機械稼働率が低くなっていた

アウラテクノロジーでは主に治工具、省力化機械の設計製造を手掛けており、特性上そのほとんどが一品一様であったため部品製造にあたっての機械稼働率が低くなっていた。 これまではアナログ的に機械1日の稼働時間を記録し、データ化、グラフ化を行っていたが、より精度の高い定量情報を得ることで稼働率のアップが図れると考え、 フアクトの稼働率モニタリングシステムを導入することにした。

稼働率モニタリングシステムでより精度の高い定量情報を得る

モニタリングシステム導入の結果、機械1台1台の週ごとや1日ごとの稼働率が簡単に把握できるようになった。今後は、既存の生産管理ソフトと融合し、機械や現場の負荷状況を把握できるようにしていきたいと考えている。

株式会社アウラテクノロジー

本社:
〒402-0013 山梨県都留市盛里221-1
TEL:0554-21-9080
FAX:0554-21-9081
業種 金属加工
事業内容 治具、工具の企画、設計、製造
従業員 25名
WEBサイト http://aulatechnology.jp/

製品に関するご相談・お見積もりはお気軽にお問い合せください

  • 045-316-4331